« マンドローネ購入を決意 | トップページ | My 206 »

マンドローネを持って旅に出よう

信じられないかもしれませんが、新幹線の網棚にローネがのります。ソフトケースの場合。90年の福岡全マンの時に確認済み。

ローネ弾きにとって、それの運搬は頭を悩ませるものですが(特に車を持っていない、あるいはローネののる車を持っていない人間にとっては)、今までの経験談を少し。

新幹線

最後列の席と壁の間にローネの入る隙間があります。ここならハードケースでも入ります。100系と300系で確認済み。500系は今度のコンコルディアの演奏会で確認予定。
そこで切符を買うときは、カウンターのお姉さんが「禁煙席と喫煙席のどちらにいたしますかぁ~?」の「き」の字を言うか言わないかのタイミングで「車両はどこでもいいが、1A~1Cのどれかの席。」と告げます。下り列車の場合は15A~15Cです。多分。要確認。

夜行バス

数年前のコンコルディアの演奏会に出演したときにとろうとした手段。「車両の下部に荷物室があるので大抵の荷物は大丈夫だが、もし(乗客が多くて)入りきらない場合は乗車をお断りすることがある。」と言われ、断念。
そこで、どうしたかというと・・・

寝台列車

夜行バスを断られてとった手段。ローネをベッドに寝かせ、自分は通路の壁にもたれて一路東京へ。

東名高速バス

お薦めの移動手段。車両下部に荷物室はあるし、夜行バスと違って乗客はまばら。乗車拒否される心配がない。しかも、乗客はほとんどいないので複数の席を占領でき、夜行バスよりよっぽど快適に寝られる。
欠点は時間がかかること。

タクシー

中型タクシーならぎりぎり(ホントにぎりっぎり)のります。ただし、運転手にローネを見られると乗車拒否されるので対策が必要。
まず、連れにタクシーを拾ってもらい自分は物陰に隠れている。タクシーのドアが開いた瞬間にローネを投げ込み自分もすかさず乗り込む。後は道中ずっと言われる運転手のイヤミをひたすら聞き流す。

車(マイカー)

今まで経験した車を個別に挙げると、

トヨタ スプリンタートレノ(AE86)
問題なくのります。ただし、助手席にフルバケットシートをつけるとのらなくなるかも。
スズキ カプチーノ
文句なくのりません。トランクにフラットのチェロすらのりません。
マツダロードスター
ローネを裸のまま、心有る人が見たら卒倒するような姿勢でのります。
トヨタ ナディア
人間 x 3 + ローネ x 2 + ギター + 2泊4日の荷物 x 3 がのります。さすが。


|

« マンドローネ購入を決意 | トップページ | My 206 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/17950978

この記事へのトラックバック一覧です: マンドローネを持って旅に出よう:

« マンドローネ購入を決意 | トップページ | My 206 »