« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

705NKでお手軽にテーマを作った

705NK って、壁紙を設定しても画面全体に表示されないのね。

というわけで自前でカスタマイズ。
Sofbank 705NK wikiを見るとThemeDIYを使うのがいいみたい。

続きを読む "705NKでお手軽にテーマを作った"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iPod nano と BOSE M3

今週の英会話学校の Technology in English コースのトピックは、「Use the internet to improve your English.」
レッスン後、教えてもらったポッドキャストのサイト、BBC とか CNN からオーディオファイルをダウンロードして、IC レコーダーにコピーして聞いてみると、お、これはリスニングに最適の内容!

私の IC レコーダーは某K作先生とお揃いの、音楽の録音や再生にも最適なもので、レコーダー&ポータブルオーディオプレーヤー& USB ストレージとしてヘビーローデューティに使っているんだけど、ポッドキャストで配信されているものをわざわざ手作業でダウンロードするのはめんどくさい。うーん、やっぱり iTunes で管理するのがいいのかなぁ。

続きを読む "iPod nano と BOSE M3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼装用の走りやすい靴

Colehaan_shoes物欲増進強化月間につき、演奏会用の靴を買いました。

ええ、ちゃんと店員に言いましたとも
「サイズは41で~
 オペラパンプスじゃない礼装用ので
 走りやすいのをください。」
# のだめ 17巻参照
の靴の写真。

ね?礼装用で走りやすそうでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

705NK の着信音作った

いや、打ち込みをやった訳ではないですが。(^^;

グローバルスタンダードかつ日本非スタンダードの Nokia の携帯は着メロサイトはおろか、ソフトバンクの公式ページも見れないところがあるので、着信音は CD から自作。

仕事関係は、
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番の第4楽章
(ホントはワーグナーのワルキューレにしたかったけど CD 持っていない)

他は、
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番の第1楽章
プロコフィエフの古典の第1楽章
ラフマニノフのヴォカリーズ
カエリヤマの三楽章第5番第3楽章

続きを読む "705NK の着信音作った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯にストラップをつけました

P1000056P1000054写真でもわかるように、705NK はキーが下のほうにあって、「0」や「*」とかがとても押しにくい。
で、ウェブとかミクシィのコミュを見てると、ストラップを付けるのが吉と。

実は前の機種(702NKII)、ストラップ付けずに使っていたら、ポケットから取り出したときそのまま飛んでいって床に落としました。(^^;
そのおかげで外部メモリが認識しなくなったり、SIM カードが時々認識しなくなったりしたのは内緒。(^^;

うまい具合に(?)ストラップ穴が左下にあるので、写真のようにストラップごと握り締めると、携帯下部とストラップで三点支持できて安定します。

どうも外人はあまり携帯にストラップを付けないらしく、ノキアの機種はストラップ穴の作りがおざなり。
このストラップを付けるのはかなり大変と事前に情報を得ていたので売り場の人に付けてもらいましたが、針と糸を駆使して1時間ぐらい悪戦苦闘してました。

で、ストラップだけでもだいぶ安定したけど、まだ握りこむには力不足だったので、チェロのキーホルダーも追加しました。
で、なんでチェロでト音記号やねん∑( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

携帯を705NKに替えました

P1000044_1先日携帯を替えました。前のが時々フリーズするようになったので。

PDA マストなので SoftBank の 705NK(Nokia N73)。
PC の Outlook とスケジュールや To-do が同期できたり、そしてそれを待ち受け画面に表示できたりとバリバリの仕事マシーンなのに、外板の赤と白のプラスチッキーな質感とかデフォルトの待ち受け画面がポップ目のデザインだったりが不満点。

携帯なのにカメラのレンズがカールツァイスだったりとみょーな所でハイスペック。

で、色々とサイトを調べてるとストラップを付けるのが吉とあったので、ストラップ付けてみました。

チェロなのになぜかト音記号。なんでやねーん∑( ̄□ ̄;) ヘ音の立場は∑( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »