« ブラウザをFirefoxに | トップページ | これが真のマルチプレーヤーか!? »

「幻惑の死と使途」「夏のレプリカ」書評

森博嗣著


読了。

2作とも Who done it? で意外な展開を楽しめるけど、個人的にはちょっとずるく感じてしまった。
なぜなら、(以下ネタバレ)

「幻惑の死と使途」は、推理小説としてのトリックと奇術のトリックが混在してて、それを解き明かすのが難しい。(それがこの作品の魅力であるのだけれど)
「奇術のトリックを使うのならなんでもアリ」って気もするけど、いい気持ちで騙されたので、これはこれでオッケー。

「夏のレプリカ」は、犯人を最初から除外して読んでしまったよ。
だって、素人の女の人が撃てるような銃で人は即死しない。∑( ̄□ ̄;)




|

« ブラウザをFirefoxに | トップページ | これが真のマルチプレーヤーか!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/17622765

この記事へのトラックバック一覧です: 「幻惑の死と使途」「夏のレプリカ」書評:

« ブラウザをFirefoxに | トップページ | これが真のマルチプレーヤーか!? »