« Let's note R6 が修理から帰ってきました。 | トップページ | ココフラッシュの便利な機能 »

旧式の新s(あらたにす)

新聞社連合の「新s(あらたにす)」というサイトが立ち上がったので、覗いてみた。
うん、三社の記事が並んだサイトだ。それだけ。このサイトでどうやって「記事を立体的に読」めと。

新聞(紙メディア)の利点は、(あいまいな)検索性のよさにあるのだけど。
見出しと概要のチェックに1ページあたり5秒。そして気になる記事の全文を読む、と。
「新s」では記事全文を読むには、わざわざリンクをクリックして各社のページに飛ばなければいけない。
このサイトでちまちま記事を読むより、朝日・日経・読売の三誌を購読して読んだほうがよっぽど早いぞ。

ネット(ディスプレイ)では紙媒体より単位面積当たりの情報量が少ないので、RSSとかがあるのですが。
RSSリーダーでタイトルと概要を表示させて、気になる記事はリンク元を読みにいく。
「新s」ではRSSフィードもない。「新s」のページからいちいちリンクをクリックして記事を読むなんてまどろっしいことなんかやってられない。
時間当たりの情報量がとっても低いサイトだ。
RSSリーダーに複数のニュースサイトのフィードを登録して読むのじゃいけないの?

どうやら、それはいけないらしい。

マスコミの人間が決定的に理解できないネットの本質 ~朝日、日経、読売3社連合「あらたにす」を見ての感想~ anti-monosの新メディア論

だが「一面記事」、「注目テーマ」、「社説」、「新聞案内人」と来て、気がついてしまった。やはりダメだと。既存の新聞そのものなのだ。つまり、すべてが「上から目線」で押し付けがましい。

そう。上からの押し付けは紙メディアの新聞を読んでいればいい。それ以外の部分をRSSで補完して読めばいい。
現状、紙の新聞&RSSリーダーで実現できている以上のことを、「新s」では提供していない。
「新s」の方向性がわからない。

|

« Let's note R6 が修理から帰ってきました。 | トップページ | ココフラッシュの便利な機能 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/17935930

この記事へのトラックバック一覧です: 旧式の新s(あらたにす):

» ココフラッシュの便利な機能 [ぽこログ]
「旧式の新s(あらたにす)」で旧来のパラダイムを批判したけど、「こっち」側では便 [続きを読む]

受信: 2008.02.03 03:55

« Let's note R6 が修理から帰ってきました。 | トップページ | ココフラッシュの便利な機能 »