« おっさんになったと感じるとき | トップページ | 「「行動できない人」の心理学」書評 »

「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」書評

仕事から帰ってきたらアマゾンから、勝間和代著「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」が届いていたので、一気に読んでしまった。
この本を買った理由は、年収10倍アップさせてぷ407とぷ206とロータスエリーゼの3台体制じゃーΣ( ̄□ ̄;)
という理由ではなくて、弾さんのブログに取り上げられていたのがきっかけ。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」を読んでいたとき、印象に残ったのが、「苦手なことは、できるだけやらないようにしましょう」という一文。
最初、苦手なことを「できるだけやれるようにしましょう」が普通じゃない? と感じて、その逆転の発想がよかった。

というわけでぐんぐんと読み進めて新鮮だったのが、まず時間を「消費・投資・浪費・空費」の4つのマトリクスに分ける手法。そして、「まず浪費と空費を抑えましょう」から始めること。
「消費」の部分の時間管理ノウハウを書いた本は多いけど、この本では「浪費」と「空費」を抑えることができた後にやるステップと書いてあるのが新鮮。そして、「消費の部分の効率化を図るよりも、浪費・空費を抑えることの方が効率が大きい」とまで書いてある。

「やらないことを決める」を強調しているのは、確か松本幸夫「「なぜか、仕事が速い人」の時間管理術」と同じ。なるほど、時間の使い方がうまい人は同じ発想が出てくるのだなと感心してしまった。

効果を定量化するのは、まさにトヨタの「カイゼン」「見える化」そのもの。

書いてあることがいちいち納得できるし、この本に書かれてあることってつまりトヨタの「カンバン方式」「カイゼン」「見える化」を個人レベルで実践できるようにした内容じゃないかと思ってしまいました。
というわけで、これはもう買うしかないということで、「無理なく続けられる年収10倍アップ手帳2008」もアマゾンで注文。
今年はこのスケジュール帳を使って、一週間単位でやった仕事や読んだ本、練習をメモして励みにしたり、やれなかった仕事 etc を反省するのに使ったりと、「見える化」して効果を計っていこうかな、と思ったのでした。

そういえば、「自分がやれたことを書き出して、時折読み返すのがいい」と書かれていたのは何系のどの本だったかな。

「投資」については、ぜひ本著を読んでみてください。(・ω・)ノ



|

« おっさんになったと感じるとき | トップページ | 「「行動できない人」の心理学」書評 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

どうも初めまして。本の書評をふらふら検索していたところ
ここに辿り着きました。
amazonのレビューでも良いのですが、結構ヤラセも多いですからね。
個人のブログの方が結構、信用できたりします。

この本にはかなり感銘を受けまして、実際に実践してみたのですが
3日でノイローゼ気味になりました(苦笑)
やってみると分かりますが、結構レベルの高いことが書かれていますので
今すぐ上手くいくということはなく、この通りに出来るようになるのは3年くらいかかりそうです。(汗)
とりあえず、1つでもモノにできるよう、日課に落とし込んでいる最中です。

ではでは、また遊びにきますね~

投稿: ゆきんこ | 2008.03.29 18:11

ゆきんこさん、コメントありがとうございます。

「10倍」を目標にした「投資」を一番に考えると、最初のうちは(というか、ずっと?)結構へこみますよね。

なので、初心者向きに「見える化」を中心とした使い方をしているところです。
そのやりかたはもう少ししたらポストするつもりですので、よかったらまた寄ってくださいね。

投稿: マーマー・ヨ | 2008.03.31 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/40404220

この記事へのトラックバック一覧です: 「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」書評:

» スティーブン・R・コヴィー「7つの習慣」 [ぽこログ]
本書を読むのはこれで3回目。 この手の本で最初に読んだ本が本書「7つの習慣」だったのは、今からするととっても笑ってしまうのだが。 さて、ちょっとたとえ話を。 あ [続きを読む]

受信: 2009.03.21 21:47

« おっさんになったと感じるとき | トップページ | 「「行動できない人」の心理学」書評 »