« PCMレコーダー録り比べ - 解答編 | トップページ | クレジットカードでホテルのサービスをよくしてもらえる方法 »

職場に無線アクセスポイントを導入 - PCi MZK-WNH

iPhone用に(そして来るべきVAIO type P用に)職場に無線アクセスポイントを導入しました。

まずは機器選定。

ゲートウェイの内側に設置するからルーター機能はなくていいのだけど、最近の無線ブロードバンドルーターはアクセスポインモードが付いているものがほとんどだし、無線アクセスポイント単体は種類も少ないので、両面から機器を探し出す。

候補に残ったのは、

この中で、PCi MZK-WNH を選びました。だって安かったんだもん。
「簡単設定ボタン」みたいな機能は自分には全く不要。というより、自分で全ての設定をコントロールできないと気がすまないし。
# 自宅の無線ルータも持ち運び用のポケットルータも PCi 製品だけど、これは単なる偶然。

PCi MZK-WNH の設定

同梱の「らくらく! かんたん設定ガイド」は斜め読みしておしまい。だって簡単設定機能(プラネックス ネットワーク・マネージャ)を使う気はないもん。
というわけで、マニュアルの入ってるCDをPCに入れて、それを見ながら設定。

本体横の「ルータ機能オン/オフスイッチ」を「AP」側にして、ネットワークケーブル・電源をつなぐ。
ウェブブラウザからhttp://192.168.1.250/にアクセスする。

システムパスワードの設定

なにはともあれ、システムパスワードを工場出荷時デフォルトのものから変更しておく。
「システム」→「パスワード設定」のページで変更。

LANの設定

LANの設定(IPアドレス・サブネットマスク等)を職場の環境に合わせる。
DHCPサーバの機能はオフにする。

無線LANの設定

「無線LAN設定」→「基本設定」で、

  • モードが「アクセスポイント」になっていることを確認。
  • どうせならSSIDも推測されにくいものに変更しておきましょう

「詳細設定」の「ブロードキャストESSID」を無効にし、ステルスモードにする。

「セキュリティ設定」で、

  • 暗号化を、「WPAプレシェアードキー」に変更。
  • WPAユニキャスト暗号スイートを「WPA2 Mixed」に。
  • 共有キーフォーマットは「パスフレーズ」。
  • プレシェアードキーに、無線LAN用のパスワードを入力。

ここまでの手順が完了したら「適用」ボタンを押してルータを再起動。

iPhoneの設定

同梱の冊子に「iPhone 3G を使って Wi-Fi 接続をされるお客様へ」という説明書きがありますが、これをそのまま利用してはいけません。
暗号化なしあるいはWEPキーなんていう弱い暗号で接続するのは危険です。
ですので、この記事の「PCi MZK-WNHの設定」で、ステルスモードとWPAを設定したのです。

MZK-WNH側の設定

ここまでのことをやってあれば、特に何もする必要ありません。

iPhoneの設定
  1. 「設定」→「Wi-Fi」→「その他」をクリック。
  2. ネットワーク名に、設定したSSIDを入力。
  3. セキュリティは「WPA2」を選択。
  4. 設定したパスワードを入力。

これで、iPhoneがこの無線LANを使えるようになったはずです。

パケット代がどのぐらい節約できたか、記録を取る予定です。パケット定額上限まで張り付かなくなるといいな。

|

« PCMレコーダー録り比べ - 解答編 | トップページ | クレジットカードでホテルのサービスをよくしてもらえる方法 »

iPhone」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/43957714

この記事へのトラックバック一覧です: 職場に無線アクセスポイントを導入 - PCi MZK-WNH:

» 職場に無線LANを導入、iPhoneパケット代の削減効果 [ぽこログ]
「職場に無線アクセスポイントを導入 - PCi MZK-WNH」」の効果測定です。 導入前の1月のパケット通信料は 209,831。(パケット定額適用前の金額) [続きを読む]

受信: 2009.03.02 21:15

« PCMレコーダー録り比べ - 解答編 | トップページ | クレジットカードでホテルのサービスをよくしてもらえる方法 »