« 芥川也寸志「音楽の基礎」 - アマチュア奏者ならぜひ読むべき | トップページ | 職場に無線LANを導入、iPhoneパケット代の削減効果 »

samba on 玄箱PRO(KUROBOX/PRO) でユーザー追加

Debian化の前に素の玄箱PRO(KUROBOX/PRO)でのちょっとした情報を。

ユーザーごとに専用のフォルダを作りたいこともあるでしょう。その方法です。
sambaに関する詳しい解説はネット上にいくらでもあるので、ググってください。
KUROBOX-PROで作成する上でのポイントを中心に、以下、簡単に。

telnet で linux ユーザーアカウントを作成

telnet で root でログインし、ユーザーアカウントを作成します。
*) 手癖でユーザーのホームディレクトリを /home 配下に作らないこと。ここは NAND メモリ上なのでハードディスクを取り付けた意味がなくなります。
ホームディレクトリを /mnt/disk1/… あたりに設定します。
毎回ホームディレクトリを指定するのが面倒なら、/etc/skel 辺りをいじっておくと幸せになるでしょう。

~ # adduser foo -h /mnt/disk1/foo
(パスワードを入力)
~ # cd /mnt/disk1/foo
/mnt/disk1/foo # mkdir samba
/mnt/disk1/foo # chmod 777 samba
/mnt/disk1/foo # chown foo:foo samba
/mnt/disk1/foo # ls -al
drwxr-sr-x    3 foo      foo            18 Nov  3 21:31 .
drwxrwxrwx    5 root     root           43 Nov  3 21:30 ..
drwxrwxrwx    2 foo      foo             6 Nov  3 21:31 samba

SWATでユーザーを追加

その前に、初期設定では /mnt/disk1 が「share」フォルダになっている(はず)なので、事前に「share」フォルダのパスを /mnt/disk1/share などにしておきます。

以下、SWAT での操作。

Samba001 「PASSWORD」画面で、ユーザーを追加。
上記で作成したユーザーアカウント、パスワードを入力し、「Add New User」をクリックします。

Samba000 「SHARES」画面で、新たに「Share」を作成。
ユーザーアカウントを入力し、「Create Share」をクリックします。

Samba002 path を上記で設定した「mnt/disk1/foo/samba」と入力。
「Valid users」に「foo」を入力します。

ディレクトリの中身を他のユーザーにブラウズさせたいなら、「valid users」にそのユーザーをコンマで区切って列記します。
同様に、他のユーザーにファイルの変更を許可するなら、「read only」を「No」に変更します。

Samba003_2 「force create mode」を「0666」に、「force directory mode」を「0777」にします。

ここまでの設定が終わったら「Commit Changes」をクリックします。

smbdのリスタート

設定情報をsambaに反映させるため、「STATUS」画面で、「smbd」「nmbd」をリスタートさせます。

Samba004 設定が完了したら、KUROBOX-PRO内に「foo」フォルダが出来上がります。

|

« 芥川也寸志「音楽の基礎」 - アマチュア奏者ならぜひ読むべき | トップページ | 職場に無線LANを導入、iPhoneパケット代の削減効果 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/44184470

この記事へのトラックバック一覧です: samba on 玄箱PRO(KUROBOX/PRO) でユーザー追加:

« 芥川也寸志「音楽の基礎」 - アマチュア奏者ならぜひ読むべき | トップページ | 職場に無線LANを導入、iPhoneパケット代の削減効果 »