« PCMレコーダー録り比べ - 本番編の解答 | トップページ | ジオタギング - iPhoneとSONY GPS-CS3K »

iPhoneのGPSを利用してデジカメ写真にジオタグをつける - Windows編

iPhoneのGPS機能を利用してデジカメの画像にジオタグをつける方法ですが、ググると iPhone & iPhoto on mac の記事ばかりで、Windows マシンを使ったやり方を見つけられなかったので、自分でちょっとやってみました。

準備

EveryTrailアプリケーションのインストール

iTunesストアまたはEveryTrailホームページからEveryTrailアプリケーションをiPhoneにインストールします。
インストール後、サインアップしてアカウントを作成しておきます。

時刻あわせ

同期を取るために、iPhoneとデジカメの時刻を合わせておきます。

GPXファイルタギングソフトのインストール

いや、これは後からでもいいんですが、とりあえずここで書いておきます。

EveryTrailで記録したgpx形式の位置情報をデジカメ画像のEXIF情報に書き込むソフトをインストールします。

私が選んだのは「Jpeg GPX Merger」です。
http://mkozo.agentier.com/gpx-merger/
JAVA runtime がインストールされていない場合はこれもインストールしておきましょう。
http://www.java.com/ja/

撮影

EveryTrailを起動し、「start」をクリックして位置情報の記録を開始します。
EveryTrailが位置情報を把握しているときに写真を撮ります。

iPhoneのバッテリーを持たせるため、普段はEveryTrailを「stop」しておいて、撮影をする前後数分だけ「resume」するのもいいかも知れません。
それでも、2時間の行程で、10枚程度写真を撮った(つまり、1時間程度位置情報を記録して、残りの時間は「resume」しておいた)にも関らず、 iPhoneのバッテリーがフル充電から残り10%にまで減ったので、短い行程か、すぐに充電できる環境で使うのがいいでしょう。

記録(撮影)が終わったら、「stop」の後「save」を押します。
適当に名前をつけて「upload」します。

画像にジオタグを付ける

EveryTrailにログインして、「My Trip」から該当するログをGPX形式でダウンロードします。(ページ下側の「Download GPX」をクリック)

撮影したデジカメ画像もパソコンに保存しておきます。

JPEG GPX Merger を起動し、ダウンロードしたGPXファイルを「追加」し、デジカメ画像フォルダを指定します。「GPS情報をJPEGファイルにマージ開始」をクリックして、これで完了です。

ここから先はご自分のお好きなやり方をとってください。私は Picasa を使いました。
Picasa を開くと、ジオタグが付いた写真はマークが付いています。それを Picasa ウェブアルバムにアップロードします。

ここから先は「ジオタグ付き画像(写真)を簡単にGoogle Map上に表示させる方法」の手順でやればできあがりです。


大きな地図で見る

|

« PCMレコーダー録り比べ - 本番編の解答 | トップページ | ジオタギング - iPhoneとSONY GPS-CS3K »

iPhone」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/44244323

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのGPSを利用してデジカメ写真にジオタグをつける - Windows編:

» ジオタギング - iPhoneとSONY GPS-CS3K [ぽこログ]
「iPhoneのGPSを利用してデジカメ写真にジオタグをつける - Windows編」を実験している頃、SONYから新しいGPSロガー GPS-CS3Kの発売が [続きを読む]

受信: 2009.03.04 22:09

« PCMレコーダー録り比べ - 本番編の解答 | トップページ | ジオタギング - iPhoneとSONY GPS-CS3K »