« 本田直之「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」書評 | トップページ | タイヤをヨコハマ DNA dB に交換 »

スティーブン・R・コヴィー「7つの習慣」書評

本書を読むのはこれで3回目。
この手の本で最初に読んだ本が本書「7つの習慣」だったのは、今からするととっても笑ってしまうのだが。

さて、ちょっとたとえ話を。
あなたは今ジャングルにいます。ジャングルの地図を持っています。目的地も知らされています。コンパスで方角もわかります。
もう一つとても必要なものがあります。それは何でしょう?

それは、現在位置、今自分がどの位置にいるかを知っていることです。

閑話休題。
その時その時の自分自身や自分を取り巻く環境によって、読むたびに新しい「気付き」を発見するところなど、デール・カーネギー「人を動かす」と共に、数多のビジネス書・自己啓発書の参考文献になっていることもうなづけます。

勝間和代氏の「消費・投資・浪費・空費」のマトリクスと投資に重点を置く考え方は、「第二の習慣」と「第三の習慣」。
GTDの、プロジェクト(ミッションステート)を、実際の行動のレベルにまでチャンクダウンする手法は、「第三の習慣」。
Win-Winの考え方は、「第四の習慣」。
人間関係にうんざりしたときに読む本」を発展させた、「理解してから理解される」は、「第五の習慣」。
シナジー効果の「第六の習慣」。

知っているようで知らない「法則」のトリセツ」・「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」が、ビジネス書・自己啓発書のスタート地点だとしたら、本書「7つの習慣」はゴールあるいは高い位置にある通過点でしょう。

今にして思うと、父親に最期にこの本を読むことを勧めればよかったなぁ、と。
自分の今までの人生が充実しており、愛に満ち溢れていたことを再認識してもらうために。

|

« 本田直之「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」書評 | トップページ | タイヤをヨコハマ DNA dB に交換 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/44421646

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブン・R・コヴィー「7つの習慣」書評:

« 本田直之「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」書評 | トップページ | タイヤをヨコハマ DNA dB に交換 »