« ブログのエントリをtwitterにフィードしてみるテスト | トップページ | 英語のボキャブラリ »

松崎久純「究極の速読法 リーディングハニー6つのステップ」書評

読む本が多すぎて最近なんか速読法の本ばかり読んでいる気が。そして余計に読まなければいけない本が増えるという…。

本書「究極の速読法 リーディングハニー6つのステップ」は速読の解説書ですが、一般的な「速読術」とは違うアプローチの速読法です。
「目の筋肉を鍛えて、文字を素早く正確に読み取る」とか「視野を広くする」とか「文章を画像として捉える」速読法ではありません。
「リーディングハニー」という速読法を解説した本です。

「リーディングハニー」とは、

  • ステップ1 プレビュー (3-5分)
  • ステップ2 オーバービュー (10分)
  • ステップ3 スキミング1 (10-15分)
  • ステップ4 スキミング2 (10-15分)
  • ステップ5 スピードリーディング (30-40分)
  • ステップ6 レビュー (10分)

と、一冊の本を6回[眺める~読む]速読法です。
ステップ2~4にかけて、本全体のアウトラインをスキミング・本の主題をピックアップして、それに焦点を当てて速く読む、といったやり方です。

特別なトレーニングがいらない(本書にも書いていない)ので、「とりあえず読書速度を上げたい」人には向いていると思います。多分、このやり方で10冊ぐらい読めばある程度マスターできる気がします。
寺田正嗣「フォーカス・リーディング」では、このやり方を「擬似的速読トレーニング」として、速読トレーニングの一つに位置づけているので、この「リーディング・ハニー」は敷居が低い「速読法」だと思います。

「リーディング・ハニー」は、ビジネス書やマニュアル・技術書を読むのに効果的でしょう。
でも、推理小説をスキミングで犯人がわかってしまったら、読む気が失せて、やだな。

|

« ブログのエントリをtwitterにフィードしてみるテスト | トップページ | 英語のボキャブラリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

速読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/44937614

この記事へのトラックバック一覧です: 松崎久純「究極の速読法 リーディングハニー6つのステップ」書評:

« ブログのエントリをtwitterにフィードしてみるテスト | トップページ | 英語のボキャブラリ »