« Apacheウェブサーバで画像ファイル等をブラウザにキャッシュさせる | トップページ | BOSE QuietControl 30とSHURE SE530 聞き比べレビュー - 高いものには理由がある »

BOSE QuietControl 30 レビュー ワイヤレスはいいね!

先月買ったBose QuietComfort 20が初期不良だったので返品しました。ところがアマゾンで欠品で、交換品が4月にずれ込みそうとのことだったので、そこまで待てない、替わりにBose QuietControl 30を購入しました。
ホントはSHURE SE535が欲しかったんだけど、予算オーバー。
以下、QuietComfort 20とQuietControl 30を比較したレビューです。

遮音性

QuietComfort 20とQuietControl 30、どちらも同じぐらいの遮音性です。
QuietControl 30はスマホアプリでノイズキャンセリングの強さを選べますが、「QuietComfort 20 = QuietControl 30の最大」です。
QuietControl 30はノイズキャンセリングの効果を設定できますが、最強一択で使うことになるでしょう。
なお、QuietControl 30はノイズキャンセリングを切ることはできません。

音質

QuietComfort 20とQuietControl 30、どちらも同じ音質です。
どちらも、良くも悪くも「BOSEサウンド」です。
クラシックで弱音のところは厳しいかな、と思ってたんですが、ジャズを聴いて印象が変わりました。
キラキラするピアノに持ち上げられたウッドベースが効果的で、そこに伸びやかなボーカルが乗ります。
ロックも、いい感じにエレキベースの音がします。

ワイヤレス(bluetooth接続)のため、いくらか音質が弱点になっていないかな、と思ってたんですが、外で聞く限り、QuietComfort 20とQuietControl 30の音質の差は気になりませんでした。
というか、外出して聞くのにこれ以上の音質を求めるのは贅沢です。(笑)
bluetoothということで、100%の音がでるかというと、さすがにそれは無理みたいです。でも、音飛びやノイズが乗るのは、一日使って1回か2回、といったところでしょう。

操作性

操作性はQuietComfort 20の方がいいです。音量のコントロール、再生/一時停止など、QuietComfort 20はコントローラを目視しながらできますが、QuietControl 30では、右耳付近を手探りで操作する感じです。慣れが必要ですね。

使い勝手

これはもう、QuietControl 30の勝利です。ワイヤレス万歳!

職場で昼休憩のとき、QuietComfort 20では、

  1. 鞄から取り出してポケットに入れる。
  2. ポケットから取り出して、ケーブルがからまってるのをほどく。
  3. iPhoneのイヤホンジャックに接続する。
  4. ノイズキャンセリングスイッチをONにする。
  5. 耳にイヤホンを付ける。
  6. 音楽を聴く。

から、QuietControl 30では、

  1. 鞄から取り出して首に引っ掛ける。
  2. 電源を入れる。
  3. 耳にイヤホンを付ける。
  4. 音楽を聴く

になりますから。

QuietComfort 20では、ケーブルに無理な力がかからないように、イヤホンジャック近くのバッテリーとiPhoneを同時に持ってポケットから取り出す、みたいな動作がいりません。
イヤホンはめてから鞄をたすき掛けにして、イヤホンを外す時に鞄のストラップを通すこともありませんし、逆に鞄しょってからイヤホン付けて、電車で鞄を下ろそうとした時にイヤホンのケーブルが邪魔をしてる、なんてこともありません。
ケーブルの取り回しを気にする必要がなくなります。

つまり、QuietComfort 30はワイヤレス万歳なのです!

バッテリー・消費電力

QuietComfort 20の16時間から、QuietControl 30では10時間になっています。
これは痛い。
でも、QuietControl 30はバッテリーの残り具合をiPhoneで確認できます。
QuietComfort 20は、残り3時間になるとインジゲータが点滅しますが、通勤片道1.5時間の往復&昼休憩で聞くのに、行きの電車で残り3時間以下に気づいたら、その日は帰りまで持ちません。
QuietControl 30は、iPhoneでバッテリー残容量を確認できるので、バッテリーが40%になったら(あるいは50%になったら)充電しよう、ということができます。

消費電力は、やはりQuietControl 30の方がかかります。
iPhone4S以降は、bluetoothの待機電力があまりかからないようですが、bluetooth経由で音楽聴いてるとiPhoneのバッテリーが見る見る減ります。
しかも、QuietControl 30は、充電中に音楽を聴けません。これがQuietControl 30の最大の欠点かも。

で、バッテリーの減り(QuietControl 30 & iPhone)ですが、外部モバイルバッテリーが必要ですね。
Anker PowerCore 13000が2ポートあるので、iPhoneとQuietControl 30の両方を同時に充電できます。
これはマストですね。

結論

QuietComfort 20が、1万円のイヤホンに2万円のノイズキャンセリング機能、
QuietControl 30が、1万円のイヤホンに2万円のノイズキャンセリング機能、5千円のワイヤレス

ケーブルの取り回しが気にならない人ならQuietComfort 20の方がいいと思います。安いし。
でもQuietControl 30の無線で自由を得ることができます。

|

« Apacheウェブサーバで画像ファイル等をブラウザにキャッシュさせる | トップページ | BOSE QuietControl 30とSHURE SE530 聞き比べレビュー - 高いものには理由がある »

iPhone」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81940/64956659

この記事へのトラックバック一覧です: BOSE QuietControl 30 レビュー ワイヤレスはいいね!:

« Apacheウェブサーバで画像ファイル等をブラウザにキャッシュさせる | トップページ | BOSE QuietControl 30とSHURE SE530 聞き比べレビュー - 高いものには理由がある »